TOP > ソフトウェア > AKI-H8/3052F用モニタプログラムの作り方「実行編」
 ■ HTerm

 ルネサステクノロジで配布している、モニタプログラム専用通信ソフトです。専用というだけあって、転送もしやすく、各種機能を備えているので非常に便利です。
 これからモニタプログラムを使おうと考えている方にもお勧めできるソフトです。

 ▼ ダウンロード

  モニタプログラム用のファイルをダウンロードした場所にソフトは置いてあります。下記の手順で入手してください。

「セミナー」→「サンプルプログラム」
http://www.renesas.com/jpn/support/seminar/sample/index.html

1.上記のリンクからいった場合、画面中央に「サンプルプログラムについて」があり規約が表示されます。同意をクリックすることで先へ進むことができます。

2.次に「H8/300Hシリーズ H8/300H Tinyシリーズ 」がありますので、これをクリックし、 目的地に着きます。
「セミナー」→「サンプルプログラム」→
「同意」→「H8/300Hシリーズ H8/300H Tinyシリーズ 」の順です。

3.モニタプログラム専用通信ソフトをクリックすると画面が移動し、ほぼ中央に、

モニタプログラム専用通信ソフト Hterm

とあると思います。このHtermをクリックすることで、ダウンロードが開始されます。好きな場所に置いて、解凍してください。どこに置いても、動作します。


 ▼ Htermの使い方

 
1.HTermを起動すると、右のような画面が表示されます。

クリックで拡大表示 ⇒







 
2.この状態では、通信設定が合ってない可能性があるので、通信(C)⇒切断選択して、ファイル(F)⇒プロパティを選択してください。

クリックで拡大表示 ⇒

 
3.通信ポート、ビットレートを合わせてください。今回作成したのはモニタプログラムは38400bpsなので、38400を選択します。
 USBのシリアルコネクタを使用している場合は、ポートが違う可能性があるので、確認してください。

ポート、ビットレート選択 ⇒



 
4.マイコンの電源スイッチを入れると、右の画面のような文字が出ます。

クリックで拡大表示 ⇒

 
5.F9キーを押すと、右のような画面が表示されるので、転送するプログラムを選択します。F9キー0が無い場合は、コマンド(M)⇒Load(L) F9を選択しても同様の動作を行います。

クリックで拡大表示 ⇒

 
6.転送が終了すると右のような文字が表示され、入力が可能な状態になります。

クリックで拡大表示 ⇒

 
7.最後に、「g fe000」と入力し、ENTERキーを押す事で、プログラムが実行されます。

クリックで拡大表示 ⇒


履歴 2005年 4月 3日 公開 2005年12月15日 印刷しやすい様にレイアウトを修正

[TOP] [ソフトウェア] [準備編へ] [設定編へ] [作成編へ] [実行編へ] [ハイパーターミナル編へ] [HTerm編へ]
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO